• 无敌王

  • 状态:更新至21集 /
  • 类型:
  • 主演:林原惠美
  • 年代:2000
  • 地区:日本

简介:<p>遠き過去。とある惑星にて文化を築きし「ゼノ・パレス」は、その文化の発展ゆえに自らの母なる惑星を壊し、自分たちの生き残る道を宇宙へと求めた。彼らは自分たちの遺伝情報を移民戦艦に封印。一部の選ばれた民が船を動かすために動き、他の民は彼らに进展を託して永い眠りにつく。                                    <br/>                                選ばれた民である移民船の乗組員たちの目标はただ一つ。宇宙のどこかにあるという、彼らを受け进れし「約束の星・テーラ」を探し出すこと。そしてテーラへの移民だった。                                    <br/>                                そして、ついにテーラは見つかる。しかしそこには单独の進化を遂げた早期段階文化の人間たちがいた。この事実に「ゼノ・パレス」は真っ二つに分かれる。一つは早期文化の人間を抹殺もしくは安排して移民をすぐさま实现させようとする強硬派。もう一方は長い年代をかけた話し合いによって現地文化と歩み寄り解決を見出そうとする穏健派だった。                                    <br/>                                两者の争いは戦争にまで発展。しかし争いに長ける事の無い穏健派は全く逆の強硬派に押されていく。そして穏健派は滅びの寸前に最後の手段を強行した。それは自らの持つ三体の「ゼノンズ・ガーディアン」と呼ばれるロボットとそれを格納する戦艦をテーラに飛ばし、原居民に託して強硬派と戦わせることだった。                                    <br/>                                流れる星となってテーラに落ちる「ゼノンズ・ガーディアン」は、その星で「日本」と呼ばれる国の蝦夷地、江戸、薩摩と呼ばれる地盘に落ちた。そして、ロボットと戦艦はその地に生きる原居民たちの手によって地中深くへと封印されたのである。それが江戸時代のことであった。                                    <br/>                                そして時は流れて現在。ついに準備を整えた「ゼノ・パレス」は地球侵犯の狼煙を上げる。テーラと呼ばれし星・地球が危機に陥ったとき、北海道、東京、鹿児島のそれぞれの地盘から、その命運をかけて进展の光が飛び立つ!</p>

--== 选择主题 ==--